フォトコンテスト

熊本は世界に誇れるほど地下水に恵まれた地域です。この地下水を将来に渡って保全するために、当協議会では年間を通して水田に水を張る活動を行っています。この活動を広報し、地下水の大切さをみなさんに広めるために「地下水を守るんだ・フォトコンテスト」を行っています。

入賞者には、南阿蘇村の特産品と富士フイルム九州㈱より賞品があります。
応募方法などは事務局までお問い合わせください。

第5回 富士フイルム九州杯”地下水を守るんだ”フォトコンテスト 入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田

<撮影期間> 平成29年4月1日(土)~平成30年1月19日(金)まで

空と雲と大地

 特選 宮部 智 様

「空と雲と大地」

夜峰山に抱かれて

入選 米田 順子 様

「夜峰山に抱かれて」

寒の朝

入選 松本 遼 様

「寒の朝」

夕焼けに染まる

入選 谷津 由利子 様

「夕焼けに染まる」

復興の鳥居

携帯部門

特選 上田 ひさ子 様

「復興の鳥居」

2018.3.1 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 今年の冬は全国的に寒波襲来。南国熊本も例外では無く、積雪による交通規制などが行われました。そして、この寒波の影響でしょうか春の草花の生育が例年より遅れているように思えます。しかし、春を呼ぶ阿蘇の野焼きはいよいよ始まりました。                                           さて、今年も「地下水を守るんだ」フォトコンテストは予定通り実施。応募数は一般部門が110点、携帯部門が10点と、前回に比べ2倍以上の増加でした。                                  審査を3月1日南阿蘇村久木野庁舎2階集会ホールに於いて、富士フイルム九州㈱中川幸彦課長をはじめ6人で行いました。

 今回も締め切り時期の関係でしょうか。雪と氷の駆け込み応募が多く見られました。「地下水を守るんだ」のテーマからして阿蘇南郷谷の魅力は他にもあるような気がします。今回はそんな視点で審査の枠を広げました。中には村内の珍しいポイントの発見もありましたが、残念ながら入選ラインに達せず、次回の応募に期待したいと思います。

 そして携帯部門が伸び悩んでおります。いまスマートフォンやタブレットの普及は目覚ましく、携帯電話などによる写真も遜色はありません。そしてほぼ年間を通して手軽に撮れる携帯部門にも是非力点をお願い致します。  

第4回 富士フイルム九州杯”地下水を守るんだ”フォトコンテスト 入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田                                     <撮影期間> 平成28年4月1日(金)~平成29年1月20日(金)まで

雪と氷の妙技 池田 隆幸mini

特選 池田 隆幸 様 「雪と氷の妙技」

空を映す 上田 ひさこmini

入選 上田 ひさ子 様「空を映す」

復興支援ワンピースが走る 木原 進mini

入選 木原 進 様  「復興支援ワンピースが走る」

冬晴の朝 村上利美mini

入選 村上 利美 様 「冬晴の朝」

黄色い絨毯 桐原典子Deta

携帯部門        特選 桐原 典子 様 「黄色い絨毯」

2017.2.20  熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 昨年4月、震度7強の大地震が相次いで襲った熊本地震。県内各地で家屋や道路の損壊など甚大な被災を被りました。あれから間もなく1年を迎えます。各地で復興工事が行われていますが、阿蘇南郷谷では南阿蘇鉄道の部分開通や俵山トンネルの開通で少しずつ日常を取り戻しています。                         

そんな状況下で今年も予定通り「地下水を守るんだ」の写真コンテストが実施されました。心配された応募数も皆様のご協力で前年を上回り、作品の仕上げにも向上が見られました。特に冬場の雪うや氷の作品はその表現が難しく、アマチュアカメラマンの腕の見せ所だと思います。

 さて、第4回富士フイルム杯「地下水を守るんだ」」フォトコンテストに15人49点の応募がありました。審査を2月10日南阿蘇村白水総合センターに於いて富士フイルム九州㈱西村栄一課長をはじめ6人で行いました。応募作品の中に熊本地震の直接の被災現場はありませんでしたが、カメラマンの優しい思い遣りやこれまでに見なかった新しい南阿蘇村のポイント発見が光りました。

 審査の日、日本列島に今年最後と思われる寒波襲来。俵山トンネルを抜けるとそこは白銀の世界。そして終日氷点下、かなばあちゃんの寒い一日を体験し、阿蘇南郷谷の素晴らしさと撮影されたカメラマンのご苦労も実感しました。

 今回入賞されました皆さん、おめでとうございます。そして次回も多くの皆さんに阿蘇南郷谷の魅力を撮り続け、応募して頂きたいと思います。

第3回 富士フイルム九州杯”地下水を守るんだ”フォトコンテスト 入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田
<撮影期間> 平成27年6月1日(月)~平成28年1月15日(金)

特選  水張り田んぼ水車を写すmini

特選 髙木 正博 様
「水張り田んぼ水車を映す」

一休み 山川信雄mini

入選 山川 信雄 様
「一休み」

桐原様_データR0014766mini

入選 桐原 研二 様
「実り」

穏やかな朝 木原進mini

入選 木原 進 様
「穏やかな朝」

停車駅と地下水 池田隆幸mini

携帯部門
特選 池田 隆幸 様
「停車駅と地下水」 

2016.3.10 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 昨今の異常気象には泣かされました。昨年8月、台風15号の爪痕は未だ全治に至らず、年が明けて1月には大寒波、交通機関も大混乱でした。吉報としては立春を過ぎた2月27日、草千里で48年ぶりに野焼きが行われ、広大な阿蘇の草原では今年も野焼きが始まりました。

 そして今、南阿蘇村の随所で見られる「水張りたんぼ」。深々と冷え込んだ朝、薄氷に覆われたその「たんぼ」に小雪舞う光景は、まさに一幅の絵です。五岳や外輪山の稜線を遠景に羊雲を写した水鏡もベストショット、阿蘇の大自然を独り占めです。

  さて、第3回富士フィルム九州杯 「地下水を守るんだ」 フォトコンテストに929点の応募がありました。審査を229日、南阿蘇村白水総合センターに於いて富士フィルム九州㈱ 西村栄一課長をはじめ5名で行いました。 応募作品は年々グレードアップし、甲乙付けがたい秀作揃いですが、問題は応募数です。コンテストのテーマもそのコンセプトも申し分ないと思いますが、コンテストのPRについては村のホームページを活用し、案内チラシも広くレストランや売店に配置するなど、様々な工夫が必要かと思います。  カメラもデジタル時代を反映して一眼レフからスマートフォンなど、携帯電話まで綺麗な写真が撮れますし、仕上げも自宅のプリンターでOKです。ベテランカメラマン限定のコンテストではなく、南阿蘇村を訪れる多くの皆さんに楽しんで頂けるような写真コンテストを念願しております。 

 今回も沢山のご応募有り難うございました。次回もよろしくお願い致します。

第2回 富士フイルム九州杯”地下水を守るんだ”フォトコンテスト 入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田
<撮影期間> 平成27年1月1日(木・祝)~平成27年2月27日(金)

tokusenn kihara

特選 木原 進 様
「水ぬるみ春を待つ」

入選 桐原 研二 様
「薄氷」

入選 髙木 正博 様
「水張り田んぼを彩る」

入選 横田 啓子 様
「水のファンタジー」

keitai ikeda

携帯部門
特選 池田 隆幸 様
「阿蘇五岳と地下水」

2015.5.18 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 昨今の異常気象には泣かされました。昨年8月、台風15号の爪痕は未だ全治に至らず、年が明けて1月には大寒波、交通機関も大混乱でした。吉報としては立春を過ぎた2月27日、草千里で48年ぶりに野焼きが行われ、広大な阿蘇の草原では今年も野焼きが始まりました。そして今、南阿蘇村の随所で見られる「水張りたんぼ」。深々と冷え込んだ朝、薄氷に覆われたその「たんぼ」に小雪舞う光景は、まさに一幅の絵です。五岳や外輪山の稜線を遠景に羊雲を写した水鏡もベストショット、阿蘇の大自然を独り占めです。

 さて、第3回富士フィルム九州杯 「地下水を守るんだ」 フォトコンテストに929点の応募がありました。審査を229日、南阿蘇村白水総合センターに於いて富士フィルム九州㈱ 西村栄一課長をはじめ5名で行いました。

 応募作品は年々グレードアップし、甲乙付けがたい秀作揃いですが、問題は応募数です。コンテストのテーマもそのコンセプトも申し分ないと思いますが、コンテストのPRについては村のホームページを活用し、案内チラシも広くレストランや売店に配置するなど、様々な工夫が必要かと思います。

 カメラもデジタル時代を反映して一眼レフからスマートフォンなど、携帯電話まで綺麗な写真が撮れますし、仕上げも自宅のプリンターでOKです。ベテランカメラマン限定のコンテストではなく、南阿蘇村を訪れる多くの皆さんに楽しんで頂けるような写真コンテストを念願しております。

今回も沢山のご応募有り難うございました。次回もよろしくお願い致します。

第1回 富士フイルム九州杯”地下水を守るんだ”フォトコンテスト 入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田
<撮影期間> 平成26年1月1日(水・祝)~平成26年2月21日(金)

特選 木原 進 様
「霜降る寒い朝」

入選 足立 憲一 様
「冬の水肥やし田」

入選 髙木 正博 様
「水張りを彩る」

入選 東 トミ子 様
「雪ぐもりの里を走る」

携帯部門
特選 池田 隆幸 様
「薄氷と地下水と」

2014.3.28 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまよりコメント

 北国を想わせる阿蘇南郷谷の雪景もようやく衣変え、南阿蘇村の名所「一心行の大桜」の蕾もそろそろほころび始める頃かと思いますが、県内各地の桜は一足お先に開花、いま花見や春のイベントが目白押しです。

 すっかり定着しました”地下水を守るんだ”フォトコンテスト。テーマも応募要項も継続のまま、富士フイルム九州様のご協力で冠を付ける事になりました。そして今や一眼レフカメラだけがデジカメではなく、ミラーレス、コンパクト、スマホ、タブレットなどでも素晴らしい写真が撮れます。今回からそのカメラ付き携帯電話の作品も審査対象として受け付けました。

 その第1回富士フイルム杯”地下水を守るんだ”フォトコンテストに14名、46点の応募がありました。審査を3月24日、南阿蘇村白水総合センターに於いて地産地消推進協議会吉良清一会長、富士フイルム九州株式会社総務部西村栄一課長をはじめ5名で行いました。応募数はやや低調でしたが、寄せられた作品は回を重ねる毎に向上が見られ、特に凍てつく寒い時季の撮影だけに、ご苦労の跡が伺えました。狙いもプリント仕上げも皆さん互角。今回注目したのは、これまでに無い斬新なカメラアイです。南阿蘇村という地域限定、それも冬の雪と氷の水張り水田がテーマ、被写体が限定されてしまいます。そこで狙い目は、新しいポイントを探すか、撮影に工夫するしかありません。今回の入賞作品はまさにワンランク上行く作品かと思います。

 これまでに年2回募集していました”地下水守るんだ”フォトコンテスト、今回から年1回になりました。コンテストの趣旨もテーマも多くの皆さんにはご理解頂いていますが、応募のPRに一工夫欲しいところです。底辺を広げるためにも事務局に一層の努力をお願いいたします。

第6回『地下水を守るんだ』フォトコンテスト  入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田
<撮影期間> 平成25年5月1日(水)~平成25年6月30日(日)

特選 大津 澄雄 様
「早朝の田んぼ」

入選 足立 憲一 様
「緑の村南阿蘇」

入選 東 トミ子 様
「夢をのせて」

入選 髙木 正博 様
「水張りの田んぼ道」

tokubetu yokotakeiko

特別賞 富士フイルム賞
横田 啓子 様
「木立とバイクと水田と…」

2013.8.5 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 熊本地方では平年より11日、昨年より半月も早く梅雨が明けました。そして猛暑の夏、いま本番です。今年の集中豪雨や異常気象に専門家から「極端気象」とか「千年猛暑」とか、聞き慣れない言葉が出ます。そんななか阿蘇南郷谷はいま緑一色、見渡す限り田園風景が広がっています。

 第6回を迎えました「地下水を守るんだ」フォトコンテストに16名、66点の応募を頂きました。審査を8月1日、南阿蘇村白水総合センターに於いて、地産地消推進協議会の吉良清一会長以下6名で行いました。今回も応募作品の撮影期間を、南郷谷の田植えの時季に設定されていました。農家にとっては猫の手の借りたい忙しい特ですが、南阿蘇村を訪れるカメラマンにとっては雨は少なく、路傍に花うぃ愛でながらの被写体探しに奔走出来たと思います。応募者は「地下水を守るんだ」と言う主催者のコンセプトをよくご理解頂き、その成果が作品に写し込まれていました。結果、上位入賞作品は秀作揃い、評価の僅差の接戦でした。

 いまやデジタルカメラ全般とは言え、一眼レフカメラにこだわらずコンパクトなカメラを日頃から持参し、日常の行動の中でシャッターチャンスを狙うのも面白いかと思います。次回も斬新でユニークな作品を期待しております。

第5回『地下水を守るんだ』フォトコンテスト  入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田
<撮影期間> 平成24年11月1日(木)~平成25年2月28日(日)

特選 横田 啓子 様
「朝靄と薄氷の南阿蘇」

入選 足立 憲一 様
「南阿蘇の朝」

入選 木原 進 様
「柔らかな風と波」

入選 大津 澄雄 様
「夕焼け」

特別賞 富士フイルム賞
山川 信雄 様
「雪の大地」

2013.4.17 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 南阿蘇村で知名度を誇る「一心行の大桜」、今年は例年より早く蕾がほころび多くのファンを喜ばせました。全国さくら名所100選によると、九州の人気お花見スポットランキング堂々の第一位。満開宣言に合わせたライトアップ、淡い薄紅色の山桜と菜の花のコントラストは絶品でした。

 さて、第5回を迎えました「地下水を守るんだ」フォトコンテストに8名、29点の応募を頂きました。審査を4月16日、南阿蘇村白水総合センターに於いて地産地消推進協議会の吉良清一会長をはじめ事務局を含め7名で行いました。応募数はやや低調でしたが寄せられた作品はそれぞれに「冬の南阿蘇村の水張り水田」のテーマをご理解頂き、見応えのある素晴らしい作品でした。日頃見慣れた阿蘇南郷谷の光景ですが、撮影ポイントや時間帯によっては見違える様な作品に変わります。地元審査員でさえ「何処だろうか?」と頭をかかえ、急遽ご本人に確認するハプニングもありました。写真の力でしょうか。カメラアイの凄さを思い知らされた一幕です。

 今回特選の横田啓子様は第3回、第4回と三連覇でした。今度の作品は水張り田んぼに薄氷が張りて、天空と大地がともに黄金色に染まる日の出前の一瞬を、見事なアングルで捕らえています。寒い冬空のロケハンから、撮影までのご苦労が伺える作品でした。

 南阿蘇村の隠れた魅力発見に気軽に撮影が楽しめるデジタルカメラや作品にこだわるフィルムカメラ、それに昨今のスマートフォンやタブレットPCなどカメラも多様化しています。次回も機材にこだわらずカメラマンの感性を生かした素晴らしい作品を期待しております。          

第4回『地下水を守るんだ』フォトコンテスト  入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田
<撮影期間> 平成24年5月1日(火)~平成24年6月30日(土)

特選 横田 啓子 様
「苗を待つ棚田Ⅰ」

入選 髙木 正博 様
「豊かな地下水の恵み」

入選 足立 憲一 様
「雲を映す」

入選 東 トミ子 様
「朝霧の南阿蘇」

特別賞 富士フイルム賞
木原 進 様
「早朝の五岳」

2012.8.15 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 7月の豪雨は南阿蘇村にもその爪痕を残しましたが、いま南郷谷は見渡す限り緑一色、すくすくと稲が育ち豊年満作が期待されそうです。先般、その田んぼの中ほどに「南阿蘇白川水源駅」の駅舎が完成しました。トロッコ列車や駅舎と水張り田んぼのコラボを期待しましたが、今回は応募期限の関係で間に合わず、宿題が残ったようです。

第4回を迎えました「地下水を守るんだ」フォトコンテストに沢山のご応募、ありがとうございました。今回は12名40点の応募がありました。審査を8月10日、南阿蘇村白水庁舎総合センターに於いて地産地消協議会の吉良清一会長をはじめ5名で行いましたが、期せずして横田啓子さんは第3回も特選で、2回連続のグランプリとなりました。おめでとうございます。

回を重ねコンテストの趣旨をご理解いただき、様々な作品のご応募をいただいておりますが、テーマの絞り込みにやや苦悩のあとが伺えます。南阿蘇村は世界に冠たる阿蘇山や南郷谷に見る農山村の原風景など、カメラマンの写欲をそそる被写体が山積です。これまでの入賞作品は参考にとどめ、そこから一歩踏み込んだ作品つくりをお願いしたいと思います。

 次回は冬場(11月~2月)の撮影になります。南国熊本の雪景色や薄氷いっぱいの水張り田んぼが南郷谷の魅力発見に貢献出来ることを願っています。

第3回『地下水を守るんだ』フォトコンテスト  入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田
<撮影期間> 平成23年11月1日(火)~平成24年2月29日(水)

特選 横田 啓子 様
「恵みの郷」

入選 松井 寛 様
「夜明け」

入選 山川 信雄 様
「凍る水田」

入選 井上 信明 様
「積雪の田園を走る列車」

特別賞 富士フイルム賞
木原 進 様
「もうすぐ春のおとずれ」

2012.3.26 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 第3回「地下水を守るんだ」フォトコンテストに多くの作品をご応募いただき、ありがとうございました。春なのに寒く、厚着の上着が手放せない昨今ですが、カメラマンはカメラを手にした瞬間からハンターに変身、狙う被写体を探して彷徨います。今回の「冬の南阿蘇村水張り水田」をテーマにした応募作品の中にも、凍てつく南郷谷でのご苦労が多く伺えました。

 南阿蘇村地産地消推進協議会では「地下水を守るんだを具体的な形として活動されていますが、この4月には熊本市と周辺地域で「くまもと地下水財団」が発足、5月には江津湖をアピールする「わくわく江津湖フェスタ」も予定されており、貴重な地下水をみんなで考える数々のイベントが展開されます。

 ところで今回は18名62点の応募がありました。審査を3月23日、南阿蘇村白水庁舎総合センターにおいて地産地消推進協議会の吉良清一会長をはじめ5名で行いました。審査員の中から「今回は色気が少ない」などの意見もありましたが、凍てつく鉛のような水張り田んぼには人の気配も少なく、前回の夏に比べて少々地味でしたが、内容的にはこれまでにない視線で捉えた素晴らしい作品も多く、入賞決定には長い時間を要します。

 南阿蘇鉄道では先般、「阿蘇白川水源駅」をオープンしました。これから行楽シーズンに向け賑わいが期待されますが、次回の「地下水を守るんだ」フォトコンテストでは水張り水田と白川水源駅のコラボも一つの選択肢かも知れませんし、レンズを通して、南阿蘇村の魅力発見に貢献出来れば幸いです。

第2回『地下水を守るんだ』フォトコンテスト  入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田                                     <撮影期間> 平成23年5月1日(日)~平成23年6月30日(木)

特選 山川 信雄 様 「森と水田」

入選 遠山 昭南 様 「天空の棚田」

入選 村上 竜介 様 「駅のある風景」

入選 宮本 典芳 様 「田植えの喜び」

特別賞 乾 和子 様 「水の山村」

2011.7.26 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 今年は東日本大震災もあって家庭のクーラーも節約モード、連日の猛暑はいささか堪えます。そんな中、天然の涼を求めて早朝の江津湖ジョギングやウオーキングを楽しむ人で賑わいます。その江津湖の一隅に「森が育む、きれいな空気と豊かな農業用水」の看板があります。阿蘇の降り注いだ雨が白川水源等に顔を出し、白川は黒川と合流し、有明海に至る水の恵みをイラストで紹介しています。江津湖散策の折には是非ご覧いただき、水の有り難さを実感して欲しいものです。

 さて第2回「地下水を守るんだ」フォトコンテストに沢山のご応募いただき、誠に有り難うございました。今回は38名、117点のご応募がありました。前回に比べて応募人数、応募点数ともに倍増でした。審査は7月25日、南阿蘇村白水庁舎総合センターにおいて地産地消推進協議会の吉良清一会長をはじめ6名で行いました。

 フォトコンテストも2回目となり認知度も上がり、その狙いや目的を沢山の方々にご理解いただき、素晴らしい作品を寄せていただきました。入賞は一人一賞としながらも、粗選りの段階から落とし難い作品は複数残し、比較・検討し、上位決定までにはかなりの時間を要しました。そして今回は富士フイルム九州株式会社様より特別賞を提供していただきましたので、入賞点数も5点になり、喜ばしい限りでした。

 尚、次回3回目のフォトコンテストは来年2~3月に予定されています。稲刈りも終わった冬場の凍てつく「水張り田んぼ」がテーマです。折りを見て早くから構想を練り、素晴らしい作品のご応募をお待ちしております。

第1回『地下水を守るんだ』フォトコンテスト  入賞作品

<撮影対象> 南阿蘇村の水張り水田                                     <撮影期間> 平成22年11月以降に撮影したもの

特選 宮本 典房 様 「水田を守る」

入選 足立 憲一 様 「南阿蘇の夜明け」

入選 緒方 賢子 様 「光と風の中で」

入選 高木 正博 様 「地下水を守る水張り水田」

2011.3.25 熊日フォト・サークル副会長 小崎宇一さまより総評コメント

 水道の蛇口をひねると100%地下水のおいしい水が、何時でも飲めます。これは熊本市民自慢の一つですが、そのルーツは阿蘇も西麓に降った雨が白川中流域でかん養され、我が家へ届きます。いま、地下水保全の様々な活動が行われていますが、南阿蘇村地産地消推進協議会では一年中田んぼに水を溜める農法で米を栽培するなど「熊本の地下水を守るんだ!」プロジェクトを立ち上げています。今回はその具体的な活動の一つとして、第1回「地下水をまもるん田”」フォトコンテストを開催しました。

 南阿蘇村には一心行の大桜を始め、野外劇場アスペクタ、春の野焼き、そして冬の雪景など写欲をそそる光景が数多くありますが、今回のテーマ「南阿蘇村の水張り水田」。しかし、水張り田んぼの認知度はまだ低く、題材もユニークなら応募期間も短く、どれだけの作品が集まるか心配でした。応募は16人、52点ありました。審査を3月24日南阿蘇村白水庁舎総合センターで地産地消推進協議会の吉良清一会長をはじめ5名で行いました。短期の応募期間にもかかわらず現地に行き、素晴らしい作品をご応募いただいた皆様には心よりお礼を申し上げます。吉良会長の話では年2回「地下水を守るん田”」(田植え前後と冬季でいずれも水の見える水張り水田)をテーマにしたフォトコンテストが予定されております。今回チャンスを逸した方の水を守る観点から、次回は是非チャレンジしてください。

Copyright (C) 南阿蘇村環境保全農業推進協議会 All Rights Reserved.